8
味わい菜園 本葛入り手延べそうめん
18束(白10、小松菜、南瓜、紫芋、人参各2)
食材
味わい菜園 本葛入り手延べそうめん
伝統製法を生かしながらあみだした技で製麺することにより、この上なく『美味しい』、しかも『体にやさしい』麺が出来上がりました。そうめんづくりには当たり前とされる植物油を一切使わず、原材料の小麦粉、本葛粉もすべて国内産100%にこだわった「本葛入りのノンオイル手延べそうめん」に国産の野菜粉末を加えました。旨み・香り・つるつるとした抜群の喉ごし、国内産野菜のやさしい味わいをお楽しみください。
調味料
ヤマサそうめん専科500mℓパック
焼津産かつお節の一番だしと北海道産昆布だしの合わせだしと熟成かえしを使い、まろやかで味に深みのあるそうめんにぴったりのストレートつゆです。だしの風味を感じ、ほどよい甘味で後味もいいです。
レシピ
ハーブ香るヘルシーそうめん
香りのある薬味を加えることにより、彩りも風味もより華やかになります。

※ レシピカードは、ご購入いただいた方に、商品と一緒にお届けします。
※ レシピムービーは、レシピカード記載のQRコードよりページにアクセスしてご覧いただけます。

割烹 小田島
小田島 大祐シェフ
1973年東京生まれ。大学卒業とともに「小田島」入社。2002年に南イタリア・プーリア州、2003年にフランス・ブルゴーニュ地方のワイン生産者にて各1年ずつの研修でワインを学び帰国。2004年より「和食とワイン」のパイオニアである父・小田島稔と共に働く。JSA認定ソムリエを取得。日々和食とワインの素晴らしさを広めるべく研鑽中。
9
尾崎牛100%ミンチ300g
食材
尾崎牛100%ミンチ
月間出荷数わずか30頭! トップシェフが惚れこむ幻の高級黒毛和牛「尾崎牛」。
良質の水、防腐剤や抗生物質を一切使わない自家配合飼料、環境の全てにこだわり、ストレスをかけずに育てた牛は、柔らかさと旨味、そして脂身がしつこくないのが特徴です。ニューヨークでも尾崎牛のステーキが1000ドルのコース料理のメインを飾るほどの人気となっています。その尾崎牛100%で、赤身とロースのまわりの一番良質の脂で作った極上のミンチです。
調味料
ヤマサ鮮度の一滴 グルメだれ 300mℓ 鮮度パック
ヤマサ醤油の最高峰「重ね仕込しょうゆ本懐石」をベースに、世界的に活躍するフレンチシェフ、ジョエル・ロブション氏のレシピで誕生しました。すだちなどの6種の果実と、昆布とかつおの旨味を加え、ローズマリーと赤ワインで仕上げた新しい味わいで、ステーキはもちろん、いろいろなグリル料理にぴったり合います。
レシピ
アッシパルマンティエ
フランスの家庭料理 アッシパルマンティエに「ヤマサ鮮度の一滴グルメだれ」を合わせて簡単アレンジ。尾崎牛の美味しさを堪能できます。

※ レシピカードは、ご購入いただいた方に、商品と一緒にお届けします。
※ レシピムービーは、レシピカード記載のQRコードよりページにアクセスしてご覧いただけます。

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション
関谷 健一朗シェフ
20代前半で渡仏し、Lucas Carton(パリ)、Le Divellec(パリ)、 Le Grand Vefour(パリ)、Restaurant A et M(パリ)等を経て、ジョエル・ロブション氏に認められ26歳でL'ATELIER de Joël Robuchon(パリ)のスーシェフに。2010年より現職。
10
秋の味覚セット(インカのめざめ、白ナス、日野菜カブ、五郎島金時)
*天候状況により内容が変更になる可能性があります。
食材
秋の味覚セット(インカのめざめ、白ナス、日野菜カブ、五郎島金時)
インカのめざめは、原産地・南米アンデスのじゃがいもを日本向けに改良したもので、鮮やかな黄色と、コロコロと小粒な姿、栗かサツマイモを思わせるホクホク感とバターのような濃厚さで、人気の高級じゃがいもです。
調味料
ヤマサ昆布つゆ 500mℓ
昆布だしを中心に、かつおだしを加え、まろやかでコクのある味に仕上げたお得な3倍濃縮つゆ。
めん類のつけ・かけから煮ものなど「だし」が決め手のお料理に幅広く使えます。
レシピ
茹でタコとインカのめざめガリシア風 昆布つゆの風味
市販のゆでダコを昆布つゆでマリネし、和のテイストにして、旬のインカのめざめと合わせます。パプリカパウダーやパセリを加え、見た目や舌にスペインも感じる一品です。インカのめざめのホクホク感をより楽しむには、温かい状態でタコと盛り付けるのもおすすめです。

※ レシピカードは、ご購入いただいた方に、商品と一緒にお届けします。
※ レシピムービーは、レシピカード記載のQRコードよりページにアクセスしてご覧いただけます。

レストラン サンパウ
岡崎 陽介シェフ
1979年鎌倉出身。大学で専攻したフランス語がきっかけでフランス料理にふれ、料理人の道へ。地元のお店を経て、2003年渡仏。南仏モンペリエのレストランを皮切りに、三ツ星では「トロワグロ」「メゾン ドゥ マルクベラ(閉店)」、トリュフで有名な二ツ星「ル サントゥネール(現在ホテルのみ)」、「ラブイット」「ジス」(共に一ツ星)。「マルクベラ」では、ハーブを多様して魚や肉を仕上げる料理に深く感銘を受ける。
美食コース(毎月3,000円)
8月~10月 3ヶ月頒布会
お買い物かごに入れる
8月分からのお届け
注文受付期間
6月21日〜7月20日
23:59まで
このページの先頭へ